石川町内科クリニック

横浜市中区の内科・消化器内科・外科・肛門外科の石川町内科クリニック

〒231-0025 神奈川県横浜市中区松影町1-3-7
ロックヒルズVIII 3F
TEL 045-264-4678


医師の紹介

ご挨拶

この度、横浜市中区の石川町駅より徒歩2分のところに「石川町内科クリニック」を開院することとなりました院長の渡會伸治(とごう しんじ)です。

 昭和55年に、横浜市立大学を卒業して以来32年間、横浜市立大学附属病院第二外科を中心に横浜掖済会病院、国立横浜病院(現横浜医療センター)などで、消化器外科医を勤めてまいり、主に消化管悪性疾患(胃癌、大腸癌など)、肝胆膵疾患(肝炎、肝癌、胆石症、胆管癌、膵癌、膵炎など)などの検査・治療を行ってまいりました。この間痛感したことは、大病院のベルトコンベアー式医療の弊害です。診断、手術、化学療法、緩和ケアーなど、別々の医師によって行われ、患者さんは誰に自分の体のことを相談していいのか迷っている姿を多く見てまいりました。私は、大学病院で17年間勤務の後、4年あまり横浜掖済会病院で消化器病センター長として、癌以外の良性疾患(肝炎、脂肪肝、膵炎など)の患者さんの診療にあたり、また同時にこれらの方が持っている生活習慣病(高血圧、高脂血症、糖尿病など)も診てまいりました。この度、総合病院で治療を受けた後の患者さんが、自分の体のことを気軽に相談できる場になればと、当クリニックを開業することとしました。

 また、当クリニックは、自分自身が患者様に対しベストの診断・治療を行うだけでなく、今まで培ってきた人間関係を利用して、その患者様のベストの医療が受けられるように多くの病院・クリニックの医師と連携を取っていきたいと考えております。

近隣にお住まいの皆様を中心に、幅広い年齢層の方々の健康を見守る「かかりつけ医」を目指しております。また、同時に今までの経験を生かした消化器科医として、消化器癌の診断やフォロー、肝疾患のフォローを行って行きたいと考えております。風邪やインフルエンザ、高血圧、高脂血症、糖尿病などの一般内科の診療はもちろん、胃・大腸内視鏡の検査、超音波検査など専門的な診療も行なっています。
ちょっとした身体の不調がありましたら、お気軽にご相談ください。今後ともどうぞ宜しくお願い致します。

院長 渡會伸治(とごうしんじ)

 

 


 

院長略歴

【学歴】
昭和49年3月31日 芝学園高等学校卒業
昭和49年4月1日 横浜市立大学医学部入学
昭和55年3月31日 横浜市立大学医学部卒業

【職歴】
昭和55年5月1日 横浜市立大学医学部病院研修医
昭和57年5月1日  横浜市立大学医学部病院第2外科特別職診療医
昭和57年6月2日 横須賀市立市民病院外科
昭和58年6月2日 横須賀共済病院外科
昭和59年6月2日 田浦共済病院外科
昭和60年6月2日 横浜市立大学医学部病院第2外科特別職診療医
昭和61年6月2日 横浜市立大学医学部病院第2外科医務吏員
昭和62年6月2日 国立横浜病院外科(厚生技官)
平成4年6月2日 横浜市立大学医学部附属浦舟病院第2外科助手
平成6年3月-9月 UCSD(カリフォルニア大学サンディエゴ校)外科教室留学
平成7年4月 横浜市立大学医学部外科学第2講座助手
平成8年2月 横浜市立大学医学部外科学第2講座講師
平成11年6月 横浜市立大学医学部外科学第2講座助教授
平成15年4月 横浜市立大学大学院 消化器病態・肝胆膵移植外科助教授
平成20年10月 横浜市立大学 消化器・肝移植外科 教授
平成20年12月 横浜掖済会病院 消化器病センター長
平成21年4月 横浜掖済会病院 副院長
平成25年3月 退職予定

 

所属学会、免許・学位

【所属学会】

  1. 日本外科学会(指導医、専門医、認定医)
  2. 日本消化器外科学会(評議員、指導医、専門医、認定医)
  3. 日本消化器内視鏡学会(指導医、認定専門医)
  4. 日本癌学会
  5. 日本癌治療学会(臨床試験登録医、がん治療暫定教育医)
  6. 日本臨床外科学会(評議員)
  7. 日本肝胆膵外科学会(評議員、高度技能指導医)
  8. 日本外科感染症学会(評議員)
  9. AACR:米国癌学会
  10. ASCO:米国癌治療学会
  11. ACS:米国外科学会
【免許・学位】
昭和55年6月14日 医師免許取得
平成2年1月30日 医学博士
学位論文:胃癌所属リンパ節内のT細胞各種亜群の構成比率の変化

 

賞罰、その他

【賞罰】
平成14年 日本肝臓学会 第4回AJINOMOTO Award 優秀研究賞 受賞
「肝切除術後感染症の予防における術後早期経腸栄養の意義」  
平成17年 日本静脈経腸栄養学会 小越章平記念Best Paper in the Year 受賞
「Usefulness of granular branched-chain amino acids (BCAA) preparation after hepatectomy for liver cancer complicated with liver cirrhosis. 」Nutrition, 21: 480-486, 2005.
平成18年 横浜市立大学研修プログラム 優秀指導医賞 受賞
平成18年度 横浜医学会賞 受賞
安全な肝切除の確立を目指して(肝臓外科13年間の歩み)

【編集委員】

日本外科系連合学会誌、日本外科感染症学会誌、横浜医学
World J Gastronetel

 

スタッフ紹介

【医師】 渡會雪絵

横浜市立大学医学部を卒業後、横浜労災病院、横浜市立大学附属病院に勤務。
現在は当院にて臨床医として勤務しながら、後発の育成のため医学生向けの指導、講義を行い、また治験管理委員として患者様の立場に立った医療の実践を目指しております。

現在は医学教育学に取り組む日々ですが、指導者として、かつ一人の医師として、何よりも患者様から学ぶ姿勢を忘れぬよう心がけつつ、日々の診療に当たっております。
若輩ではございますが、幅広い医学知識と診療知識を活かして皆様のお役に立てるよう努めて参りますので、どうぞ末永くよろしくお願い致します。


石川町内科クリニック倫理審査委員会  会員
ソニー生命保険株式会社  嘱託医
株式会社MEC  講師


 

スタッフ一同いつでも笑顔を絶やさずに、皆さんのご来院をお待ちしております。
ご不明な点がありましたら、遠慮なくお問い合わせ下さい。